久しぶりに来た勧誘電話

先日、ひさしぶりにやってしまいました。

何をかというと、勧誘電話をかけてきた相手と長々と会話をしてしまったのです。

だいぶ前にしつこい勧誘電話がたて続けにきたので、そのときに国民生活センターに相談しました。

そして、勧誘電話をかけてきた人にも「公的機関に相談しました」と言って以来、こういう電話がこなくなっていました。

数年間、しつこい電話がこなかったので私の感覚が鈍っていたのかもしれません。

勧誘電話をかわすことができずに、まともに相手をしてしまいました。

今回かけてきたのは美容関係の会社です。

効果があるという、やたら高いコスメを売りつけてきました。

「高くて無理です」「でも、それだけの効果はありますから」の繰り返しになりました。

向こうは私の年齢を知っているみたいで、年齢による肌の衰えなど、痛いところをついてくるのです。

私はひたすら「高いから無理!」と言い続けていました。

それに対して「でもそのままだともっと肌が・・」「高いだけの効果はありますから」「トライアルセットなら割安ですし」(それでも高い)と、こちらの拒否を封じるようなことを言い続けます。

最終的にはどうにか断りました。

冷静に考えると、電話をかけてくるのは私のことを全然知らない人です。

その人が「あなたの肌に効く!」とか言ってくるわけですから、とてもおかしい状況なわけです。

この件にかぎらず、勧誘電話はすべてこういうおかしい状況なのです。

次にどこかから勧誘電話がかかってきたら、もっと短時間ですませたいです。