美意識が高い友人の譲れないもの

美肌の秘密をはっきりというと、肌の水分をどれくらい保つかという部分につきます。

つまり、水分が豊富にあれば、高い弾力性と透明力モチモチとした肌になります。

そのため、潤沢な化粧水でお肌を湿らせたら、たっぷりなC-マックスローションで膜をつくるのが大切だと思います。

ただし、ダブル洗顔は肌に悪影響を与えますので、刺激がマイルドな肌に合うクレンジング剤で、抜かりなく落とすようにしてください。

ちょくちょく洗顔をしてお肌の皮脂が常に足りない状態になると、足りない皮脂の埋め合わせをしようといっぱい出すようになるのです。

また、洗顔をしすぎると乾燥肌にもなり、さらにたくさん皮脂の分泌を促してしまいますから、洗顔はしすぎないよう注意してください。

一度乾燥肌になると、ちょっとした程度の刺激を感じても過剰な反応を起こし、肌が荒れたり赤く腫れたりという肌のトラブルに結びついてしまいがちになります。

これは、乾燥のために肌表面の角質が薄くなって、外からの刺激を肌内部までとおしやすくなっていることがその原因なのです。

私も日々の顔を洗うという行為ですが、これまでは、あまり洗顔料に頓着せずに使用しておりました。

しかし、美意識が高い友人によれば、来る日も来る日も使うものだからこそ、譲れない何かを持っていなければならないとのことでした。

顔のツッパリや小じわが目につく私には、保湿成分が配合されたC-マックスローションが加齢に対してケアできると思いました。

お肌が乾燥しにくい人でも冬になるとカサカサになってしまう場合もあるので、顔を洗った後やおふろの後は、C-マックスローションをつけたり、乳液を合わせてつけると良いですよ。

特に冬になると肌のトラブルが多くなるので、自分で出来る肌の手入れを怠らないようにした方がいいです。

しっかりと保湿をすることと血をよくめぐらせることが、冬の肌の手入れの秘訣です。

実年齢より低く、とまでは言いませんが、C-マックスローションなら考えたとおりエイジングケアができそうです。

 

 

美顔器を利用したスキンケア

顔のほうれい線を目立たなくするには、美顔器を利用したスキンケアを実践するのがいいでしょう。

2本しかないほうれい線ですが、されど一度できてしまったほうれい線を化粧品のスキンケア効果で薄くしたり簡単には消すことはできません。

ですので、日頃からスキンケアとして美顔器を使って、肌の奥の奥まで美容成分を染み込ませることが大切です。

美顔器の種類には、イオン導入器、超音波美顔器、美顔ローラー等があります。

私はその中でも、超音波美顔器やイオン導入器を選ぶとたいへん効果的だと思います。

また、スキンケアのために使う化粧品は、肌のハリや弾力をリフトアップしてくれる成分を配合したものを探しましょう。

中身は、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸が配合されたものが一番のオススメです。

お肌のケアに必要なのはしっとりスキンケアのための保湿です。

肌の水分量が減ると毛穴が黒ずんできますから、毛穴をきれいにするに洗顔がとても重要です。

きめの細かいもこもこの泡を作り、ソフトに洗いながら、4から5日に一度、ピールオフをすると肌の再生を助けます。

そして水分量を増やし、角栓に潤いを与え、毛穴のトリートメントをしてください。

肌のケアをする方法は状態をみて使い分けることが必要です。

なお、ずっと同じやり方で、「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていれば大丈夫ということはないのです。

ホワイピュア効果みたいに、四季折々に合わせてケアも季節にあったケアをすることも大切なのです。

 

 

久しぶりに来た勧誘電話

先日、ひさしぶりにやってしまいました。

何をかというと、勧誘電話をかけてきた相手と長々と会話をしてしまったのです。

だいぶ前にしつこい勧誘電話がたて続けにきたので、そのときに国民生活センターに相談しました。

そして、勧誘電話をかけてきた人にも「公的機関に相談しました」と言って以来、こういう電話がこなくなっていました。

数年間、しつこい電話がこなかったので私の感覚が鈍っていたのかもしれません。

勧誘電話をかわすことができずに、まともに相手をしてしまいました。

今回かけてきたのは美容関係の会社です。

効果があるという、やたら高いコスメを売りつけてきました。

「高くて無理です」「でも、それだけの効果はありますから」の繰り返しになりました。

向こうは私の年齢を知っているみたいで、年齢による肌の衰えなど、痛いところをついてくるのです。

私はひたすら「高いから無理!」と言い続けていました。

それに対して「でもそのままだともっと肌が・・」「高いだけの効果はありますから」「トライアルセットなら割安ですし」(それでも高い)と、こちらの拒否を封じるようなことを言い続けます。

最終的にはどうにか断りました。

冷静に考えると、電話をかけてくるのは私のことを全然知らない人です。

その人が「あなたの肌に効く!」とか言ってくるわけですから、とてもおかしい状況なわけです。

この件にかぎらず、勧誘電話はすべてこういうおかしい状況なのです。

次にどこかから勧誘電話がかかってきたら、もっと短時間ですませたいです。